深いしわに効く化粧品の有効成分とは【ターンオーバーサイクルが鍵】

洗顔から見直しうるおいを

美容クリーム

刺激を減らすことが大切

乾燥肌の人がスキンケアに求めるものといえば、「うるおい」です。夏でさえ粉が吹いたり、冬には皮がむけてきたり、一年中、うるおい不足の肌に悩まされている方が多いのではないでしょうか。そんな時に、ついついすぐにうるおうことを最優先にスキンケアアイテムを購入してしまいがちですが、化粧品をしっかり選び、正しく使わないと、乾燥肌を余計に悪化させる結果になってしまいます。まず、大切なのはクレンジングです。オイルタイプは余計な皮脂まで奪ってしまい、ふき取りタイプは皮膚を傷つけ、水分保持力を弱めてしまいます。肌を炒痛めず使えるクレンジングを選びましょう。洗顔もこすりすぎないことが大切です。例えば朝の洗顔なら、石鹸など使用せず、ぬるま湯で洗うだけでも皮脂汚れは十分に落ちます。タオルで拭くときも軽く押さえるようにし、肌をこすらないよう注意します。こうして正しくスキンケアの段階を踏んだ肌は、化粧水や乳液を吸収しやすい状態に整います。この時使う化粧水はセラミドやヒアルロン酸などうるおい成分をしっかり含み、なおかつ添加物が使われていないものを選びましょう。余計な添加物は肌への刺激となります。また、保湿をしっかりしたいから、と言って、オイルなどの肌にフタをしてしまうようなものを使うのは避けた方がいいでしょう。表面だけうるおっていても、肌の内部は乾燥したままですし、かえって乾燥肌の皮脂バランスを崩してしまうことがあります。大切なのは正しいケアを行うことと、なるべくシンプルなステップを踏むことです。またアイテムもシンプルなものを選ぶとよいでしょう。そうすることで、乾燥肌は徐々に改善し、使えるスキンケアアイテムの幅も広がっていくことでしょう。